五輪切符ゼロの男子レスリング “頼みの綱”は栄強化本部長

公開日:  更新日:

 メダルの歴史が途切れるかもしれない。

 14日、レスリング世界選手権(米・ラスベガス)の男子フリースタイルと女子代表が帰国した。

 13連覇を果たした女子53キロ級の吉田沙保里(32)、同58キロ級で10連覇の伊調馨(31)らメダリスト5人が会見。すでに来年のリオ五輪出場が内定しているとあって「目標は金メダル」と口を揃えた。

 世界に健在ぶりをアピールした女子とは対照的に、今年は男子の不甲斐なさが目立った。グレコローマンでは59キロ級の田野倉翔太、フリーでは74キロ級の高谷惣亮ら金メダル取りが期待された選手が早々と敗退。5位以内に与えられるリオの出場権さえ1人も取れなかった。五輪予選を兼ねるようになった91年以降の世界選手権で、男子が1つも出場枠を得られなかったのは初めて。このままでは1952年ヘルシンキ大会から15大会連続でのメダル獲得が途切れかねない。現状では来年3月以降に行われるアジア予選と2度の世界予選でのキップ取りすら危うい状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る