五輪切符ゼロの男子レスリング “頼みの綱”は栄強化本部長

公開日: 更新日:

 メダルの歴史が途切れるかもしれない。

 14日、レスリング世界選手権(米・ラスベガス)の男子フリースタイルと女子代表が帰国した。

 13連覇を果たした女子53キロ級の吉田沙保里(32)、同58キロ級で10連覇の伊調馨(31)らメダリスト5人が会見。すでに来年のリオ五輪出場が内定しているとあって「目標は金メダル」と口を揃えた。

 世界に健在ぶりをアピールした女子とは対照的に、今年は男子の不甲斐なさが目立った。グレコローマンでは59キロ級の田野倉翔太、フリーでは74キロ級の高谷惣亮ら金メダル取りが期待された選手が早々と敗退。5位以内に与えられるリオの出場権さえ1人も取れなかった。五輪予選を兼ねるようになった91年以降の世界選手権で、男子が1つも出場枠を得られなかったのは初めて。このままでは1952年ヘルシンキ大会から15大会連続でのメダル獲得が途切れかねない。現状では来年3月以降に行われるアジア予選と2度の世界予選でのキップ取りすら危うい状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る