「最強遺伝子」計画…山本聖子の妊娠で“一族の野望”は最終章

公開日:  更新日:

 ダルビッシュ(28)と元レスリングの世界女王・山本聖子(34)が交際宣言したのは昨年11月。約3カ月後の妊娠発表に驚いたファンは少なくないが、この子もやがては五輪の金メダルを追いかけることになるのだろう。

 聖子の父・山本郁栄氏(70)は、レスリング・グレコローマン57キロ級でミュンヘン五輪に出場。7位に終わり、自分の夢を子供たちに託す。しかし、長女・美憂(40)は3度、次女・聖子は4度、レスリングの世界選手権で優勝しながら五輪には無縁だった。長男・徳郁(37)もレスリングでシドニー五輪を目指すも代表になれず格闘家の道へ。7年のブランクを経て08年北京五輪の代表を狙ったがライバルに阻まれた。

 華やかな競技生活と対照的に、美憂と聖子の私生活は波乱続き。美憂は3度、結婚・離婚を繰り返し、3人の子供を生んだ。最初の亭主、Jリーガーの池田伸康(44・当時浦和)との間にできた男子(山本アーセン=18)はレスリング世界カデット選手権で優勝。リオ五輪でメダルを狙うと公言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る