10.3復帰初戦は強敵揃い 浅田真央「惨敗なら引退」に現実味

公開日:  更新日:

 浅田真央(24)は1年の休養を経て来月のジャパン・オープン(10月3日、さいたまスーパーアリーナ)で現役復帰する。すでに練習では「代名詞」ともいえるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にチャレンジしながら、自らのモチベーションを高めている。

 ところが、フィギュア関係者は、「反動が怖い」と漏らす。復帰初戦で好成績を残せば、今後の現役生活に弾みもつくが、惨敗なら「やっぱりダメか」と意気消沈。そのまま気持ちが「引退」に傾く可能性があるからだ。

 ジャパン・オープンには、15年世界選手権優勝のトゥクタミシェアやソチ五輪金メダルのソトニコワ(共にロシア)の強豪に加え、14年全米選手権優勝のゴールド、15年同大会優勝のワグナー(共に米国)らも出場予定。1年以上のブランクがあり、ソチ五輪直後の調子まで戻っていない浅田が上位に食い込むことは並大抵のことではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る