10.3復帰初戦は強敵揃い 浅田真央「惨敗なら引退」に現実味

公開日:  更新日:

 浅田真央(24)は1年の休養を経て来月のジャパン・オープン(10月3日、さいたまスーパーアリーナ)で現役復帰する。すでに練習では「代名詞」ともいえるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にチャレンジしながら、自らのモチベーションを高めている。

 ところが、フィギュア関係者は、「反動が怖い」と漏らす。復帰初戦で好成績を残せば、今後の現役生活に弾みもつくが、惨敗なら「やっぱりダメか」と意気消沈。そのまま気持ちが「引退」に傾く可能性があるからだ。

 ジャパン・オープンには、15年世界選手権優勝のトゥクタミシェアやソチ五輪金メダルのソトニコワ(共にロシア)の強豪に加え、14年全米選手権優勝のゴールド、15年同大会優勝のワグナー(共に米国)らも出場予定。1年以上のブランクがあり、ソチ五輪直後の調子まで戻っていない浅田が上位に食い込むことは並大抵のことではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る