• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10.3復帰初戦は強敵揃い 浅田真央「惨敗なら引退」に現実味

投稿日:  更新日:

 浅田真央(24)は1年の休養を経て来月のジャパン・オープン(10月3日、さいたまスーパーアリーナ)で現役復帰する。すでに練習では「代名詞」ともいえるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にチャレンジしながら、自らのモチベーションを高めている。

 ところが、フィギュア関係者は、「反動が怖い」と漏らす。復帰初戦で好成績を残せば、今後の現役生活に弾みもつくが、惨敗なら「やっぱりダメか」と意気消沈。そのまま気持ちが「引退」に傾く可能性があるからだ。

 ジャパン・オープンには、15年世界選手権優勝のトゥクタミシェアやソチ五輪金メダルのソトニコワ(共にロシア)の強豪に加え、14年全米選手権優勝のゴールド、15年同大会優勝のワグナー(共に米国)らも出場予定。1年以上のブランクがあり、ソチ五輪直後の調子まで戻っていない浅田が上位に食い込むことは並大抵のことではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る