「保身ばかり考えている」 元球団社長が阪神フロントに大苦言

公開日: 更新日:

 大阪のスポーツマスコミがかまびすしい。

 リーグ優勝の可能性が完全に消えたことで、和田監督(53)の続投は消滅、後任候補は金本知憲(47)、掛布雅之(60)、岡田彰布(57)らだと騒いでいる。

 和田監督は今年が4年目。過去3年間の成績は5位、2位、2位。昨年は日本シリーズに駒を進めたとはいえ今年も含め3年連続で勝負どころの9月に失速した。指揮官の手腕に問題があるのは事実だろうが監督のクビをすげ替えれば勝てるようになるのか。勝負強いチームになるのだろうか。

「現場のサポート、新人の補強、育成などさまざまな部分で、いまのフロントはぬるま湯に漬かっているというか、少しずつ甘いのではないか。12球団が競争しているわけですから、ちょっとした甘さも積もり積もれば大きな差になってしまう」と、03年にリーグ優勝した当時の球団社長である野﨑勝義氏(関西国際大客員教授)はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    町の皆が手話を習う理由は…2歳の女の子と友達になるため

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    100歳&89歳夫婦を手助け 心優しき若者3人の動画が急拡散

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る