• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・中村GM急死の衝撃…老舗人気球団ゆえのストレスも

「最近、『体調が良くない』とは言っていたんです。66歳。年齢なりに体のアチコチにガタがきてるんだろうとは思っていましたけど、特に大きな病気を抱えている様子はなかった。ホンマに驚きました」

 こう言うのは阪神担当記者だ。

 23日、阪神の中村勝広GMが遠征先のホテルで死去した。死因は急性心不全という。阪神は23日まで、東京ドームの巨人戦のため上京中。中村GMは前日もドームで試合を観戦していた。昨日は昼前に宿泊先のホテルを出発する予定だったが、時間になっても来ないため、球団関係者が部屋に入ったところすでに亡くなっていたという。通報で駆け付けた消防が死亡を確認した。

 阪神といえば、西日本ナンバーワンの老舗人気球団。大阪のファンやマスコミは勝っても負けても大騒ぎする。中でも選手や首脳陣以上に矢面に立たされるケースが多いのがフロントで、やれ、若手が育たないの、外国人助っ人に依存し過ぎるのと、バッシングされるケースも珍しくない。注目球団の編成責任者ともなれば、かかるストレスや心労もハンパじゃなかったろう。

「今年の春先に飲んだとき、珍しくヒドく酔っていたようだったので心配していた」とさる球界関係者が話せば、別の関係者は「最近は酒量が増えていた」と言う。

 あるいは想像以上の激務が、早過ぎる死の遠因だったのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る