阪神・中村GM急死の衝撃…老舗人気球団ゆえのストレスも

公開日:  更新日:

「最近、『体調が良くない』とは言っていたんです。66歳。年齢なりに体のアチコチにガタがきてるんだろうとは思っていましたけど、特に大きな病気を抱えている様子はなかった。ホンマに驚きました」

 こう言うのは阪神担当記者だ。

 23日、阪神の中村勝広GMが遠征先のホテルで死去した。死因は急性心不全という。阪神は23日まで、東京ドームの巨人戦のため上京中。中村GMは前日もドームで試合を観戦していた。昨日は昼前に宿泊先のホテルを出発する予定だったが、時間になっても来ないため、球団関係者が部屋に入ったところすでに亡くなっていたという。通報で駆け付けた消防が死亡を確認した。

 阪神といえば、西日本ナンバーワンの老舗人気球団。大阪のファンやマスコミは勝っても負けても大騒ぎする。中でも選手や首脳陣以上に矢面に立たされるケースが多いのがフロントで、やれ、若手が育たないの、外国人助っ人に依存し過ぎるのと、バッシングされるケースも珍しくない。注目球団の編成責任者ともなれば、かかるストレスや心労もハンパじゃなかったろう。

「今年の春先に飲んだとき、珍しくヒドく酔っていたようだったので心配していた」とさる球界関係者が話せば、別の関係者は「最近は酒量が増えていた」と言う。

 あるいは想像以上の激務が、早過ぎる死の遠因だったのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る