• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CSへ崖っぷちの阪神はじく「10.4最終決戦」のソロバン勘定

 どうせなら儲けて終わりたいだろう。

 阪神は4位広島に連敗してリーグ優勝の可能性が完全消滅。ゲーム差は1.5に詰め寄られた。

 阪神はAクラスに残っても和田監督の解任は決まっているようだが、営業担当は残り4試合をシミュレーションしてソロバンをはじいているはずだ。最も高収入が期待できるのは「最後の決戦」だろう。10月4日の日曜日は、阪神も広島も今季最終戦。そこで3位と4位が決まるとなれば、スタンドは超満員間違いなしだ。阪神ファンだけでなく、13年のクライマックスシリーズのように外野席は真っ赤なカープファンで埋め尽くされるかもしれない。

 甲子園が満員になれば、チケットや放映権料、グッズ・飲食代、阪神電鉄のキップ代などで1試合に2億7000万円以上の売り上げがあるといわれている。しかも、3位になれば2010年のロッテのように日本シリーズに出て、頂点に立てるチャンスも残されるし、1億円以上の分配金も見えてくる。

 3位で日本一まで考えるのは欲張りだが、ここまでくれば稼げる金は逃したくない。

 阪神の残り試合は4は広島より2つ少ないから、3連勝すれば広島が5連勝しても抜かれず、4日が決戦となる。何としても最終戦の消化試合は避けたいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事