• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CSへ崖っぷちの阪神はじく「10.4最終決戦」のソロバン勘定

 どうせなら儲けて終わりたいだろう。

 阪神は4位広島に連敗してリーグ優勝の可能性が完全消滅。ゲーム差は1.5に詰め寄られた。

 阪神はAクラスに残っても和田監督の解任は決まっているようだが、営業担当は残り4試合をシミュレーションしてソロバンをはじいているはずだ。最も高収入が期待できるのは「最後の決戦」だろう。10月4日の日曜日は、阪神も広島も今季最終戦。そこで3位と4位が決まるとなれば、スタンドは超満員間違いなしだ。阪神ファンだけでなく、13年のクライマックスシリーズのように外野席は真っ赤なカープファンで埋め尽くされるかもしれない。

 甲子園が満員になれば、チケットや放映権料、グッズ・飲食代、阪神電鉄のキップ代などで1試合に2億7000万円以上の売り上げがあるといわれている。しかも、3位になれば2010年のロッテのように日本シリーズに出て、頂点に立てるチャンスも残されるし、1億円以上の分配金も見えてくる。

 3位で日本一まで考えるのは欲張りだが、ここまでくれば稼げる金は逃したくない。

 阪神の残り試合は4は広島より2つ少ないから、3連勝すれば広島が5連勝しても抜かれず、4日が決戦となる。何としても最終戦の消化試合は避けたいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る