次期監督人事にも関与? 阪神改革で暗躍する“意外な人物”

公開日:  更新日:

 これじゃ、亡くなった阪神の中村勝広GMも浮かばれない。

 同GMはことあるごとに「今年は優勝のチャンス」と話していた。それだけに南球団社長はナインを前に「非常に厳しいけど一戦一戦、全力でプレーをして、ひとつでも勝ってくれ。それが、いまできる我々のGMに対する供養になる」とゲキを飛ばした。

 24日の中日戦はまさしく「弔い合戦」だったにもかかわらず、序盤から醜態をさらした4連敗。ここ7試合で1勝6敗の大失速だ。25日からは今季7勝12敗2分けと苦手にする4位広島との3連戦が控えている。優勝どころか、Aクラス確保も危うくなってきた。

「和田監督に対する電鉄本社サイドの評価はガタ落ち。もはや退陣は必至でしょう」と、阪神担当記者がこう続ける。

「昨年も一昨年も9月に入って失速して2位。優勝争いはするのに、ペナントレース終盤のヤマ場で勝ち切れない。3年続けて勝負弱さを露呈したのは致命的でしょう。優勝の可能性が消えた時点で本社と球団幹部が話し合いをもち、そこで監督交代が決定するとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る