• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

次期監督人事にも関与? 阪神改革で暗躍する“意外な人物”

 これじゃ、亡くなった阪神の中村勝広GMも浮かばれない。

 同GMはことあるごとに「今年は優勝のチャンス」と話していた。それだけに南球団社長はナインを前に「非常に厳しいけど一戦一戦、全力でプレーをして、ひとつでも勝ってくれ。それが、いまできる我々のGMに対する供養になる」とゲキを飛ばした。

 24日の中日戦はまさしく「弔い合戦」だったにもかかわらず、序盤から醜態をさらした4連敗。ここ7試合で1勝6敗の大失速だ。25日からは今季7勝12敗2分けと苦手にする4位広島との3連戦が控えている。優勝どころか、Aクラス確保も危うくなってきた。

「和田監督に対する電鉄本社サイドの評価はガタ落ち。もはや退陣は必至でしょう」と、阪神担当記者がこう続ける。

「昨年も一昨年も9月に入って失速して2位。優勝争いはするのに、ペナントレース終盤のヤマ場で勝ち切れない。3年続けて勝負弱さを露呈したのは致命的でしょう。優勝の可能性が消えた時点で本社と球団幹部が話し合いをもち、そこで監督交代が決定するとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る