日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

名波さんからキャプテン交代を告げられ正直肩の荷が下りました

 先月23日の水戸戦に1─4で大敗した後にシャムスカ監督が辞任し、ジュビロ磐田の新監督にOBの名波浩さん(41)が就任しました。

 ボクが京都サンガでのプロ1年目の時でした。初対戦の際に一番最初に声をかけてくれたのが、名波さんでした。日本代表の背番号10だった憧れの人に「頑張れよ」と言われ、プロの一員として認められた気がしました。その後、対談などで独特の言い回しで語るサッカー観を聞き、一味違うなと感じていました。

 尊敬する人と一緒に仕事ができるのは、もの凄くうれしいこと。初練習の26日に「頼むよ」と言われ、ジュビロを立て直したいという意志の強さが、ダイレクトに伝わってきました。名波さんのためにも、絶対に結果を出さないといけないと思いましたね。

 その日、名波さんはボクがつけていたキャプテンマークを遼一(FW前田)に託すと言いました。ボクはほぼ毎試合、後半途中で交代しているし、遼一のように常にフル出場してジュビロの象徴的な選手の方が適任という判断なのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事