松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

名波さんからキャプテン交代を告げられ正直肩の荷が下りました

公開日:  更新日:

 先月23日の水戸戦に1─4で大敗した後にシャムスカ監督が辞任し、ジュビロ磐田の新監督にOBの名波浩さん(41)が就任しました。

 ボクが京都サンガでのプロ1年目の時でした。初対戦の際に一番最初に声をかけてくれたのが、名波さんでした。日本代表の背番号10だった憧れの人に「頑張れよ」と言われ、プロの一員として認められた気がしました。その後、対談などで独特の言い回しで語るサッカー観を聞き、一味違うなと感じていました。

 尊敬する人と一緒に仕事ができるのは、もの凄くうれしいこと。初練習の26日に「頼むよ」と言われ、ジュビロを立て直したいという意志の強さが、ダイレクトに伝わってきました。名波さんのためにも、絶対に結果を出さないといけないと思いましたね。

 その日、名波さんはボクがつけていたキャプテンマークを遼一(FW前田)に託すと言いました。ボクはほぼ毎試合、後半途中で交代しているし、遼一のように常にフル出場してジュビロの象徴的な選手の方が適任という判断なのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る