松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

手代の「福吉」一人に罪かぶせてほっかむりかい、読売屋?

公開日:  更新日:

 巨人が野球賭博に手を出した福田を日本野球機構に告発した。一個人に全責任をおっかぶせて、組織としては被害者を決め込む例に漏れず。

 議員個人の問題だから党としては関知しないと知らんぷりを決め込んだ幹事長。秘書がやったことだから知らなかったと知らんぷりを決め込んだ大臣。担当者がやったことだから私は関知していない、むしろ迷惑していると言った五輪組織委会長。スタッフがやったことだから私は直接関知していないと逃げ回ったデザイナー。

 あまりに似ているので笑っちまう。

 で、決まり事のように逃げたトップは言う。

「第三者委員会にお任せして徹底的な原因究明」

 じゃあ聞くが、その第三者委員会が徹底調査をしたとして、

「実ぁ、あいつもバクチに手を出していた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る