世界との差広がる一方 「日本オープン」のコース設定に疑問符

公開日: 更新日:

コラム【菅野徳雄 「日本のゴルフを斬る」】

 今年、世界の2大オープン(全英、全米オープン)で決勝に進んだ日本選手は、米ツアーで戦っている松山英樹ただ1人だった。

 全米オープンはチェンバーズベイというパブリックコース。海岸の丘の上に広がる、一見スコットランドのリンクスを思わせるコース。フェアウエーは広く、ラフも浅い。けれどもグリーンは縦横に大きくうねっていて、どこに落としたらピンに寄っていくのか見当もつかないような激しいアンジュレーション。しかも硬くてまったく止まらない。

 想像を絶するタフなコースに翻弄されて帰った藤田寛之は、「日本のコースは30年前と変わっていないように思う」と言っている。クラブが進化し、ボールも飛ぶようになり、米ツアーではドライバーの平均飛距離が300ヤードを超える選手が今や26人もいるという。だからコースのヤーデージ(距離)を延ばし、500ヤード以上のパー4は今や当たり前になっている。今年の全米オープンのように、トーナメント用として特別に設計されたコースが多くなってきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  8. 8

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  9. 9

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る