世界との差広がる一方 「日本オープン」のコース設定に疑問符

公開日: 更新日:

コラム【菅野徳雄 「日本のゴルフを斬る」】

 今年、世界の2大オープン(全英、全米オープン)で決勝に進んだ日本選手は、米ツアーで戦っている松山英樹ただ1人だった。

 全米オープンはチェンバーズベイというパブリックコース。海岸の丘の上に広がる、一見スコットランドのリンクスを思わせるコース。フェアウエーは広く、ラフも浅い。けれどもグリーンは縦横に大きくうねっていて、どこに落としたらピンに寄っていくのか見当もつかないような激しいアンジュレーション。しかも硬くてまったく止まらない。

 想像を絶するタフなコースに翻弄されて帰った藤田寛之は、「日本のコースは30年前と変わっていないように思う」と言っている。クラブが進化し、ボールも飛ぶようになり、米ツアーではドライバーの平均飛距離が300ヤードを超える選手が今や26人もいるという。だからコースのヤーデージ(距離)を延ばし、500ヤード以上のパー4は今や当たり前になっている。今年の全米オープンのように、トーナメント用として特別に設計されたコースが多くなってきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る