コースも選手も観客も低レベル 「日本OP」権威失墜を憂う声

公開日: 更新日:

【日本オープン】
  
 首位発進の小平智(26)がパープレーで回り、最終18番でボギーをたたいた池田勇太(29)を1打差で振り切り、日本オープン初優勝を飾った。

 スポーツマスコミは「熱戦」と大騒ぎだが、果たしてそうか。勝負が最終ホールまでもつれたとはいえ、息詰まる展開とは程遠い内容だった。

 ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏がこう言う。

「一言でいえば凡戦でした。前半から優勝争いの行方は小平、池田、黄重坤の3人に絞られ、猛追してくる選手もいなかった。テレビも主にその3人を中心にしか映さなかった。入れたら入れ返すといったバーディーの応酬も見られず、コース設定そのものも甘いというのに小平はパープレーで池田は1つ伸ばしただけです。日本オープンといえばかつては全米、全英、全豪と並び、世界4大オープンといわれた、その頂点を目指してAONがしのぎを削って人気があった。選手が持つあらゆる能力を駆使し、タフな設定をクリアした者だけが勝つ大会でした。それがいまは見る影もない。日本のレベルの低さを目の当たりにしたようなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  8. 8

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  9. 9

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る