• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コースも選手も観客も低レベル 「日本OP」権威失墜を憂う声

【日本オープン】
  
 首位発進の小平智(26)がパープレーで回り、最終18番でボギーをたたいた池田勇太(29)を1打差で振り切り、日本オープン初優勝を飾った。

 スポーツマスコミは「熱戦」と大騒ぎだが、果たしてそうか。勝負が最終ホールまでもつれたとはいえ、息詰まる展開とは程遠い内容だった。

 ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏がこう言う。

「一言でいえば凡戦でした。前半から優勝争いの行方は小平、池田、黄重坤の3人に絞られ、猛追してくる選手もいなかった。テレビも主にその3人を中心にしか映さなかった。入れたら入れ返すといったバーディーの応酬も見られず、コース設定そのものも甘いというのに小平はパープレーで池田は1つ伸ばしただけです。日本オープンといえばかつては全米、全英、全豪と並び、世界4大オープンといわれた、その頂点を目指してAONがしのぎを削って人気があった。選手が持つあらゆる能力を駆使し、タフな設定をクリアした者だけが勝つ大会でした。それがいまは見る影もない。日本のレベルの低さを目の当たりにしたようなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る