日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手会長に危機感ゼロ 大甘コースが日本人プロをダメする

連載コラム【日本のゴルフを斬る】

 内憂外患、日本の男子ツアーはついに落ちるところまで落ちたという感じだ。今年、全米オープンには5人、全英オープンには8人の日本選手が出場し、決勝に残ったのは2試合とも松山英樹ただひとり。他の日本選手は全員予選落ちしているのだ。

 しかし、日本選手がふがいないのは、世界に出て行ったときだけではない。

 先週、日本ツアー11試合が終わった時点で、日本人が勝ったのはわずかに4試合。

「日本のコースは30年前と変わっていないような気がする」と、藤田寛之がある新聞で言っているのを読んだ。日本のゴルフは社用ゴルフによって支えられてきたので、一般アマチュアのプレーの流れを良くするため、やさしく造られたコースが多いのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事