疑わしい本気度 「賭博巨人」なぜ全選手の携帯を調べないのか

公開日:  更新日:

「厳しい状況になっているのはご承知の通り。それをはね返せるように。皆の取り組み方が見られている」

 巨人の堤辰佳ゼネラルマネジャー(GM)は、23日に始まった秋季練習で、主力選手らにこう訓示したが、「取り組み方が見られている」のは球団の方である。

 野球賭博を調査する日本野球機構(NPB)の調査委員会の中間報告によれば、3選手(福田聡志、笠原将生、松本竜也)ともメールを削除していたが、それらを再現し、新たな関与が明らかになったという。

 巨人は6日に全選手、首脳陣、職員を対象にヒアリングを開始した。その際、笠原と松本は野球賭博を含めた賭博行為、賭博常習者との金品授受などを否定していたから、内部調査やヒアリングの甘さを指摘する声が相次いだのは当然だ。

 そもそも「野球賭博をやったか」「賭博をやっている人を知っているか」と聞かれて、正直に答える者などまずいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る