日本は甘い? メジャーは「疑わしきは罰する」で賭博に厳格対応

公開日:  更新日:

 メジャーリーグにはロクでもない選手がうようよいる。暴力やクスリで刑務所や更生施設とマウンドを行ったり来たりなんてのも珍しくない。

 それでも野球賭博や八百長絡みの大事件となると、1919年のブラックソックス事件や、ピート・ローズが監督在任中に野球賭博をやって89年に永久追放されたことくらいだ。

「ときのコミッショナーが、反社会勢力との関わりを水際で厳しく取り締まってきたからです。疑わしきは罰するのが基本的なスタンス。疑われる可能性のあること自体を問題視してきました。第8代コミッショナーのフェイ・ビンセントはヤンキースのスタインブレナー・オーナーの事務所にマフィアが出入りしていただけで、オーナー職を2年間停止したくらいです」(アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏)

 第5代コミッショナーのボーイ・キューンはウィリー・メイズとミッキー・マントルがカジノとアドバイザリー契約を結んだことを認めず、カジノを取るか野球界を取るかと迫り、球界から追放したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る