日本は甘い? メジャーは「疑わしきは罰する」で賭博に厳格対応

公開日:  更新日:

 メジャーリーグにはロクでもない選手がうようよいる。暴力やクスリで刑務所や更生施設とマウンドを行ったり来たりなんてのも珍しくない。

 それでも野球賭博や八百長絡みの大事件となると、1919年のブラックソックス事件や、ピート・ローズが監督在任中に野球賭博をやって89年に永久追放されたことくらいだ。

「ときのコミッショナーが、反社会勢力との関わりを水際で厳しく取り締まってきたからです。疑わしきは罰するのが基本的なスタンス。疑われる可能性のあること自体を問題視してきました。第8代コミッショナーのフェイ・ビンセントはヤンキースのスタインブレナー・オーナーの事務所にマフィアが出入りしていただけで、オーナー職を2年間停止したくらいです」(アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏)

 第5代コミッショナーのボーイ・キューンはウィリー・メイズとミッキー・マントルがカジノとアドバイザリー契約を結んだことを認めず、カジノを取るか野球界を取るかと迫り、球界から追放したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る