日本は甘い? メジャーは「疑わしきは罰する」で賭博に厳格対応

公開日: 更新日:

 メジャーリーグにはロクでもない選手がうようよいる。暴力やクスリで刑務所や更生施設とマウンドを行ったり来たりなんてのも珍しくない。

 それでも野球賭博や八百長絡みの大事件となると、1919年のブラックソックス事件や、ピート・ローズが監督在任中に野球賭博をやって89年に永久追放されたことくらいだ。

「ときのコミッショナーが、反社会勢力との関わりを水際で厳しく取り締まってきたからです。疑わしきは罰するのが基本的なスタンス。疑われる可能性のあること自体を問題視してきました。第8代コミッショナーのフェイ・ビンセントはヤンキースのスタインブレナー・オーナーの事務所にマフィアが出入りしていただけで、オーナー職を2年間停止したくらいです」(アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏)

 第5代コミッショナーのボーイ・キューンはウィリー・メイズとミッキー・マントルがカジノとアドバイザリー契約を結んだことを認めず、カジノを取るか野球界を取るかと迫り、球界から追放したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  8. 8

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  9. 9

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る