横峯良郎
著者のコラム一覧
横峯良郎元参議院議員

1960年、鹿児島県鹿屋市出身。「さくらパパ」と呼ばれ、プロゴルファーの横峯瑠依、さくらを育てる。経歴は異色で元政治家、実業家、ゴルフキャディー、ラジオパーソナリティー。そして2015年5月に豪州メイランドGC(パー71)で行われたプロテストで74・80の通算12オーバー。カットラインを1打クリアして合格。アジアシニアのツアーカードを手にして世界を転戦中。

韓国人プロはなぜ勝負強いのか

公開日: 更新日:
賞金2億円突破が目前のイ・ボミ(C)日刊ゲンダイ

 日本ツアーは男子が金庚泰、女子はイ・ボミが賞金レーストップに立っています。日本に限らず、女子の場合は世界でもロレックスランク上位を韓国選手が占めています。

 韓国人プロはなぜ強いのか? とよく聞かれることがあります。そのひとつは世界に誇るナショナル…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る