若手育成重視からFA補強視野…金本阪神に早くも“ブレ”懸念

公開日:  更新日:

「生え抜きの若手選手育成」をチームづくりのテーマに掲げる金本知憲新監督(47)。秋季キャンプでは横田(20)、江越(22)、中谷(22)、陽川(24)らを熱心に指導。さらに高卒1年目の植田(19)を一軍キャンプに呼び寄せ、スイッチヒッターに育てる意向だという。

 阪神は2012年オフにメジャーをクビになった西岡剛(31)と福留孝介(38)を獲得。翌13年オフにはゴメス(31)と呉昇桓を補強した。昨オフも金子千尋(32)、中島裕之(33)の獲得に手を挙げている。せっかくポジションが空いてもすぐに補強で穴埋めされるため、若手の出場機会が限られ、生え抜きが育たない要因といわれてきた。

 その結果、選手は高齢化し、いびつなチーム構成になり、それを補うためにまた補強を繰り返す。これではいつまでたっても生え抜きなど育つわけがない。その点を懸念する金本監督は「できれば補強なしで今の選手で勝っていくのが理想」と育成方針を打ち出したのだが、今年5月に引き続き、元阪神の藤川球児(35)に再アタック。中日中継ぎの高橋聡文(32)がFA宣言すると、早速、獲得に動き出す構えを見せている。

 このオフは、球団社長と監督、つまりフロントと現場のトップが交代したのだから、外国人補強もFAもトレードも一切せずに現有戦力で戦ってみたらどうか。ファンもそれを望んでいるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る