紅白戦も前倒しサービス 金本“営業部長兼任”監督は過労心配

公開日:  更新日:

「たくさんのお客さんが来られているので、急きょ、あす行う予定だった紅白戦を昼から行います」

 阪神秋季キャンプ3日目(3日)にサプライズが起こった。練習開始直前、金本新監督が紅白戦を行うと場内アナウンスをしたのだ。

 紅白戦では白組4番の江越が2二塁打を放ってアピールするなどしたが、それにしてもこの監督はサプライズ好きだ。ドラフトでは周囲の予想に反して明大の高山を1位指名。キャンプ2日目には、歳内がブルペン投球している最中に打席に立ち、話題をさらった。

 いわゆる「金本流」のファンサービスなのだろう。キャンプ参加選手は、若手中心でおしなべて地味なのに、キャンプ地には初日に2000人ものファンが詰め掛けるなど、金本効果は絶大。マスコミも連日、新監督を追い、関西スポーツ紙は金本一色である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る