秋季C初日から練習7時間 金本“熱血指導”に虎若手全滅危機

公開日:  更新日:

 スタートから「金本イズム」が遺憾なく発揮された。

 阪神の秋季キャンプ初日(1日)、金本新監督は早速、約7時間の猛練習を課したのだ。午前は守備、走塁練習を見届けると、午後は若手の江越、陽川らを身ぶり手ぶりで指導。返事がなかった選手を怒鳴り上げるシーンも。夕暮れ時まで熱血指導した金本監督は「長いですね。自分もこんな練習をしとったかなというくらい。僕の方が疲れている」と苦笑いを浮かべた一方、「選手のモチベーションなどを見極め、テンションの下がる選手がいたら、声をかけて頑張っていこうと思う」と気合十分だった。

 金本監督は就任時から「野球に対する意識を根本から変えていく」と話すなど、再三にわたって選手の意識改革を訴えている。今季、阪神は戦力的に優勝を狙えたにもかかわらず、勝率5割を切っての3位で和田監督は退任。二軍も若手の育成が遅々として進んでおらず、10年ドラフト2位の一二三が戦力外となり、育成での再契約も検討されているほどだ。ぬるま湯に浸り続けたチームを強くするには、金本監督が言うように、まずは練習の意識や姿勢を根っこから変える必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る