秋季C初日から練習7時間 金本“熱血指導”に虎若手全滅危機

公開日:  更新日:

 スタートから「金本イズム」が遺憾なく発揮された。

 阪神の秋季キャンプ初日(1日)、金本新監督は早速、約7時間の猛練習を課したのだ。午前は守備、走塁練習を見届けると、午後は若手の江越、陽川らを身ぶり手ぶりで指導。返事がなかった選手を怒鳴り上げるシーンも。夕暮れ時まで熱血指導した金本監督は「長いですね。自分もこんな練習をしとったかなというくらい。僕の方が疲れている」と苦笑いを浮かべた一方、「選手のモチベーションなどを見極め、テンションの下がる選手がいたら、声をかけて頑張っていこうと思う」と気合十分だった。

 金本監督は就任時から「野球に対する意識を根本から変えていく」と話すなど、再三にわたって選手の意識改革を訴えている。今季、阪神は戦力的に優勝を狙えたにもかかわらず、勝率5割を切っての3位で和田監督は退任。二軍も若手の育成が遅々として進んでおらず、10年ドラフト2位の一二三が戦力外となり、育成での再契約も検討されているほどだ。ぬるま湯に浸り続けたチームを強くするには、金本監督が言うように、まずは練習の意識や姿勢を根っこから変える必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る