• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

来春センバツ旋風の条件

 明治神宮大会が13日に開幕した。定期的に指導していた札幌第一が、秋季北海道大会で初優勝。高校の部で出場し、13日の初戦で東京大会を制した関東第一に7―4で勝利した。この勢いで当確となっている来春のセンバツでも旋風を起こして欲しい。

 私が行った時は、内野ゴロで1点を取る走塁練習などに時間を割いたが、エース右腕・上出の成長が大きい。最初に見た時、「モノ」はいいと感じた。ただ、投球フォームに躍動感がないため、スピードが出なかった。常にセットポジションで投げていたものを「ワインドアップにしてみたら」と言った。

 練習ではマウンドより数メートル後ろに下がった位置から、勢いをつけて投球させた。左足に体重を乗せることを意識させるためだ。すると、躍動感が出て球速が3~4キロアップ。138~139キロ出るようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る