小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

来春センバツ旋風の条件

公開日:  更新日:

 明治神宮大会が13日に開幕した。定期的に指導していた札幌第一が、秋季北海道大会で初優勝。高校の部で出場し、13日の初戦で東京大会を制した関東第一に7―4で勝利した。この勢いで当確となっている来春のセンバツでも旋風を起こして欲しい。

 私が行った時は、内野ゴロで1点を取る走塁練習などに時間を割いたが、エース右腕・上出の成長が大きい。最初に見た時、「モノ」はいいと感じた。ただ、投球フォームに躍動感がないため、スピードが出なかった。常にセットポジションで投げていたものを「ワインドアップにしてみたら」と言った。

 練習ではマウンドより数メートル後ろに下がった位置から、勢いをつけて投球させた。左足に体重を乗せることを意識させるためだ。すると、躍動感が出て球速が3~4キロアップ。138~139キロ出るようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る