小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

来春センバツ旋風の条件

公開日:  更新日:

 明治神宮大会が13日に開幕した。定期的に指導していた札幌第一が、秋季北海道大会で初優勝。高校の部で出場し、13日の初戦で東京大会を制した関東第一に7―4で勝利した。この勢いで当確となっている来春のセンバツでも旋風を起こして欲しい。

 私が行った時は、内野ゴロで1点を取る走塁練習などに時間を割いたが、エース右腕・上出の成長が大きい。最初に見た時、「モノ」はいいと感じた。ただ、投球フォームに躍動感がないため、スピードが出なかった。常にセットポジションで投げていたものを「ワインドアップにしてみたら」と言った。

 練習ではマウンドより数メートル後ろに下がった位置から、勢いをつけて投球させた。左足に体重を乗せることを意識させるためだ。すると、躍動感が出て球速が3~4キロアップ。138~139キロ出るようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る