小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

ズバ抜けていた東海大相模の走と守

公開日:  更新日:

 夏の甲子園は大本命の東海大相模(以下、相模)が2度目の優勝を飾った。

 総合力で他を圧倒した。投手は小笠原、吉田のドラフト候補左右2枚看板を擁し、強力打線も機能した。

 決勝で小笠原は打線がいい仙台育英に6失点。走者がいると決め球のチェンジアップが極端に少なくなり、直球にこだわり過ぎたのが要因だろう。それでも要所で抑えたのはさすがだった。

 朝日新聞の「高校野球100年」の企画のため、甲子園で数試合を観戦した。感じたことは各校の走塁の意識の低さである。

 最近は高校野球でも縦の変化球を多用する投手が多い。しかし、ワンバウンドを捕手がはじいても一塁走者が二塁を狙わない。まず、ワンバウンドを止めにいく捕手なのか、捕球しにいく捕手なのかを見極める。今大会は止めにいく捕手ばかりだった。股間にずっとミットが入っていれば「止める捕手」だと分かる。これは確実にはじくということ。ホームベース付近でバウンドするような変化球の時は、一歩早くスタートが切れるのだ。確実に二塁が狙えるのに、実践していたのは相模くらいだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る