日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

横浜は来春全国制覇を狙える

 来春のセンバツ甲子園をかけた秋季大会が各地で始まっている。

 去る19日、今夏の甲子園優勝の東海大相模が、神奈川大会準々決勝で横浜に八回コールド負け。センバツが絶望となった。夏の甲子園を最後まで戦うと新チームの始動は遅れる。これはかなりのハンディなのだ。

 東海大相模は日本一のレギュラーメンバーが0人。聞くところによると、甲子園から帰って2週間で練習試合を16試合組んだという。急ピッチでチームをつくっても、新チームでレギュラーになった野手には30試合は必要。経験不足は守備はもちろんのこと、特に打撃に影響が出る。最速145キロの北村という好投手を擁しても、夏の覇者には時間が足りなかったようだ。

 対する横浜は今夏の県大会決勝の再戦でリベンジに成功した。石川、藤平の左右2枚看板をはじめ、レギュラー陣がほぼそのまま残っている。渡辺前監督から引き継いだ平田新監督が8月にみっちりチームを練り上げる時間もあった。スカウトを担当する金子新部長の功績で、今年の横浜はタレントが揃っている。まだ県大会4強の段階で、その先には関東大会も控えているが、もしセンバツに出場できればベスト4は目指せる。古巣だから言うわけではなく、久しぶりに全国制覇も夢ではないチームだとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事