• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
川勝良一
著者のコラム一覧
川勝良一サッカー解説者

1958年4月5日生まれ。京都市出身。法政大在学中に日本代表に選出され、法大を卒業した81年に東芝(現札幌)入り。83年に読売クラブ(現東京V)に移籍。背番号10を背負い、テクニシャン系司令塔として活躍した。91年に東京ガス(現FC東京)を最後に現役を引退してからは東京V、神戸、福岡、京都で監督を歴任。現在はスカパー!解説者など。

<第9回>新国立を中途半端な「ハコモノ」にしてはいけない

 初めて国立競技場の芝生を踏んだのは、1977(昭和52)年の元日だった。第55回全国高校サッカー選手権が、関西から首都圏開催となった初年度のことである。京都商(現京都学園高)の主将として、天皇杯決勝前に行われた高校選手権の開会式に参加し、そこで「初国立」を経験した。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事