• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ビックリ」と減俸保留 強気のハム陽岱鋼に中田翔の影

 頭の中を見てみたい。

 2日に行われた契約更改で、4000万円ダウンの1億6000万円を保留した日本ハムの陽岱鋼(28)。

「正直、ビックリしました。下がると思ってはなかったので」

 と話したが、日ハムの某選手は「あの成績で下がらないと思っていたなんて……僕らの方がビックリですよ」と、目を丸くする。

 陽は5月に左手を剥離骨折。7月に復帰するも、86試合で打率.259、7本塁打、36打点、14盗塁と低迷した。いずれも昨季より大きく劣る数字。なぜ、これで下がらないと思っていたのか理解に苦しむ。

 某球団OBは「最低でも現状維持と思っていたのでは」とこう話す。

「陽は中田に強烈なライバル心を抱いており、『チームリーダーはオレだ』と自負している。球団は2人の関係には気を使い、昨オフは何度も下交渉を重ねた上で両者に年俸2億円を提示。何とかバランスを取った。中田は今季もベストナインに輝くなど、大幅アップは確実。それだけに陽は『差がつくのは仕方ないにせよ、球団もオレのことはムゲにはしないはずだ』と、勝手に思い込んでいたのだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る