「ビックリ」と減俸保留 強気のハム陽岱鋼に中田翔の影

公開日:  更新日:

 頭の中を見てみたい。

 2日に行われた契約更改で、4000万円ダウンの1億6000万円を保留した日本ハムの陽岱鋼(28)。

「正直、ビックリしました。下がると思ってはなかったので」

 と話したが、日ハムの某選手は「あの成績で下がらないと思っていたなんて……僕らの方がビックリですよ」と、目を丸くする。

 陽は5月に左手を剥離骨折。7月に復帰するも、86試合で打率.259、7本塁打、36打点、14盗塁と低迷した。いずれも昨季より大きく劣る数字。なぜ、これで下がらないと思っていたのか理解に苦しむ。

 某球団OBは「最低でも現状維持と思っていたのでは」とこう話す。

「陽は中田に強烈なライバル心を抱いており、『チームリーダーはオレだ』と自負している。球団は2人の関係には気を使い、昨オフは何度も下交渉を重ねた上で両者に年俸2億円を提示。何とかバランスを取った。中田は今季もベストナインに輝くなど、大幅アップは確実。それだけに陽は『差がつくのは仕方ないにせよ、球団もオレのことはムゲにはしないはずだ』と、勝手に思い込んでいたのだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る