吉井氏ハム復帰はレアケース プロ野球にはびこるコネと情実

公開日: 更新日:

 当時を知る者なら、驚かずにはいられない。

 29日、日本ハムが都内で吉井理人前ソフトバンク投手コーチ(50)の復帰を発表したのだ。

「最初は大学院で研究の道に進もうと思っていたんですが、球団に熱心に誘われて……。『栗山監督も来てくれ、と言っている』と。僕もまだグラウンドで十分やれる年齢だし、断る理由もなかったので引き受けることにしました」

 こう話した吉井コーチと栗山監督(54)、ひな壇に並んで座った2人には因縁がある。

 栗山監督が就任1年目でリーグ優勝した12年オフのこと。吉井コーチは監督との考え方の相違を理由に退団した。具体的には投手の起用法や継投のタイミングだったといわれる。

 日本ハムはそんな吉井コーチを4年ぶりに、しかも栗山監督が指揮を執っている現状で復帰させたからビックリ。2人はうまくいくのかとクビをひねりたくなるのが自然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

もっと見る