ソフトBドラ1高橋純平 ハム大谷級への成長に足りないもの

公開日:  更新日:

 3球団の入札が競合して、ソフトバンクに1位指名された高橋純平。春のセンバツでは150キロをマークしたし、素質に恵まれたスケールの大きな投手であることは間違いない。

 問題があるとすれば体か。左太もも肉離れのため夏の岐阜県大会ではほとんど投げずに敗退。夏の甲子園後のU-18では代表メンバーに選ばれながら、出番はわずかだった。素質はあるが、ケガが問題視されてプロ入りした高校生といえば、日本ハムの大谷翔平がそうだった。最後の夏に地区予選で160キロをマークしたものの、2年時は骨端線損傷でほとんど投げられなかった。

 高橋はプロ入り後、大谷のように活躍できるのだろうか。気になる点があるとすれば、大谷には高校時代からあったスタミナだ。

「大谷は大きなケガをしていても、練習試合などで連投、2試合続けて安定したピッチングをしたことがあった。高橋はそこが未知数なんです。センバツでは連投だった準々決勝の浦和学院戦でスタミナ切れ。抑えが利かず、球が浮いたところを打ち込まれた。県岐阜商の小川監督は昨秋就任したばかり。ドラフトの目玉だった右腕を目いっぱい追い込んでケガでもさせようものなら、責任問題になりかねない。最後の県予選で無理をさせなかったのもそんな背景があるからでしょう」(在京球団スカウト)

 じっくりと鍛えればスタミナ不足も解消されるが、大谷のように1年目から先発で活躍するのは難しいというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る