雄星は1700万円増更改 元西武コーチが「伸び悩み」分析

公開日:  更新日:

 西武の菊池雄星(24)が3日に契約を更改し、1700万円アップの年俸5500万円プラス出来高となった。

「10勝といわず、15勝を目指して頑張りたい」と話したように、今季も9勝止まり(10敗)。球団には防御率2.84を評価されたが、これまでプロ5年間で2ケタ勝った年はない。

 今季は21試合に先発し、133イニング。クオリティースタート(QS=6回以上を3自責点以内)は15回と多かったものの、ゲームをつくるだけで満足していい投手ではないだろう。150キロ以上を投げる先発左腕など、球界を見渡してもそうはいない。それが単なる「先発ローテのひとり」では寂しい限りだ。

 西武元投手で同球団でコーチ経験もある石井貴氏(評論家)は、伸び悩む雄星をこう見る。

「大人の投球ができていませんね。その日の調子に左右され、安定感がない。ピンチになると強引に三振を狙いにいく悪癖も直っていません。自分に自信がないため、『調子が悪い日は悪いなりに組み立てる』ことが出来ないのではないか。9勝するわけですから、技術面は問題のない証拠。彼に必要なのはメンタルトレーニングです。QSはクリアしても、走者を残して降板するケースが少なくない。そうした詰めの甘さも、メンタル面が原因だと思います」

 09年のドラフトでは6球団が1位指名したように、ポテンシャルは球界随一。いつまでも「未完の大器」に甘んじていい選手ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る