雄星は1700万円増更改 元西武コーチが「伸び悩み」分析

公開日:  更新日:

 西武の菊池雄星(24)が3日に契約を更改し、1700万円アップの年俸5500万円プラス出来高となった。

「10勝といわず、15勝を目指して頑張りたい」と話したように、今季も9勝止まり(10敗)。球団には防御率2.84を評価されたが、これまでプロ5年間で2ケタ勝った年はない。

 今季は21試合に先発し、133イニング。クオリティースタート(QS=6回以上を3自責点以内)は15回と多かったものの、ゲームをつくるだけで満足していい投手ではないだろう。150キロ以上を投げる先発左腕など、球界を見渡してもそうはいない。それが単なる「先発ローテのひとり」では寂しい限りだ。

 西武元投手で同球団でコーチ経験もある石井貴氏(評論家)は、伸び悩む雄星をこう見る。

「大人の投球ができていませんね。その日の調子に左右され、安定感がない。ピンチになると強引に三振を狙いにいく悪癖も直っていません。自分に自信がないため、『調子が悪い日は悪いなりに組み立てる』ことが出来ないのではないか。9勝するわけですから、技術面は問題のない証拠。彼に必要なのはメンタルトレーニングです。QSはクリアしても、走者を残して降板するケースが少なくない。そうした詰めの甘さも、メンタル面が原因だと思います」

 09年のドラフトでは6球団が1位指名したように、ポテンシャルは球界随一。いつまでも「未完の大器」に甘んじていい選手ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る