• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

雄星は1700万円増更改 元西武コーチが「伸び悩み」分析

 西武の菊池雄星(24)が3日に契約を更改し、1700万円アップの年俸5500万円プラス出来高となった。

「10勝といわず、15勝を目指して頑張りたい」と話したように、今季も9勝止まり(10敗)。球団には防御率2.84を評価されたが、これまでプロ5年間で2ケタ勝った年はない。

 今季は21試合に先発し、133イニング。クオリティースタート(QS=6回以上を3自責点以内)は15回と多かったものの、ゲームをつくるだけで満足していい投手ではないだろう。150キロ以上を投げる先発左腕など、球界を見渡してもそうはいない。それが単なる「先発ローテのひとり」では寂しい限りだ。

 西武元投手で同球団でコーチ経験もある石井貴氏(評論家)は、伸び悩む雄星をこう見る。

「大人の投球ができていませんね。その日の調子に左右され、安定感がない。ピンチになると強引に三振を狙いにいく悪癖も直っていません。自分に自信がないため、『調子が悪い日は悪いなりに組み立てる』ことが出来ないのではないか。9勝するわけですから、技術面は問題のない証拠。彼に必要なのはメンタルトレーニングです。QSはクリアしても、走者を残して降板するケースが少なくない。そうした詰めの甘さも、メンタル面が原因だと思います」

 09年のドラフトでは6球団が1位指名したように、ポテンシャルは球界随一。いつまでも「未完の大器」に甘んじていい選手ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る