日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

師匠はあの新庄剛 引退する西武・森本ひちょりの“爆笑伝説”

 西武・森本稀哲(34)のいるところ、常に笑いが絶えない。

 04年に“師匠”の新庄剛志が企画した「ゴレンジャー」のかぶり物をしたのが、後々まで続くコスプレショーの始まり。06年のオールスターでは漫画「ドラゴンボール」に登場するピッコロ大魔王そっくりの姿で登場すると、ファンや選手も腹を抱えて笑い転げた。その後もマイケル・ジャクソン、ムエタイ選手、スピードスケーターなど数々のコスプレを披露。中華街で行われた10年オフの横浜(現DeNA)入団会見には漫画「キン肉マン」のラーメンマンの姿で現れた。

 日本ハム時代は多田野(現BCリーグ石川)いじりが好評。ある時はナインの前で「僕、この人と結婚します!」と宣言し、取り出したのが多田野の写真だった。さらに多田野がピンチを招いた時、中堅から颯爽と走り寄り、何やら耳元でぼそり。すると、多田野は人が変わったように好投し、後続を抑えた。「愛してる、とでも言って笑わせて、緊張をほぐしたんじゃないか」とは球団関係者の弁。12年に自身が結婚した際に出したコメントも、「最近、ホモ説が流れているので……」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事