• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大幅増更改の西武・森は正捕手の座よりベンツが大事?

 西武の森友哉(20)が2日、契約交渉を行い、2200万円アップの4000万円で更改した。高卒2年目の今季は主にDHとして138試合で打率.287、17本塁打、68打点の堂々たる成績。自慢のバットで大幅アップを勝ち取った。

 会見に金髪で登場し、報道陣の度肝を抜いた森は「(金髪は)オフ仕様。(金額は)ビックリ。満足です。もう少し低いかと思った」とホクホク顔だった。

 今季は捕手出場がなかったものの、来季は正捕手の炭谷とのレギュラー争いに挑むことが決まっている。炭谷は「負けない」と腕を撫すが、森は「ボクはもう負けてるんですけど……」と弱気。得意の打撃と比べると、捕手というポジションにこだわりがない。

「有望株の森が本気で捕手に取り組む気がないのが、FA権を持つ炭谷に2年連続で残留を決意させた大きな要因。巨人、阪神、中日など多くの球団が正捕手不在に悩んでいて、もし炭谷がFA宣言したら争奪戦は必至だった。森がノホホンとしているおかげで、炭谷は、西武が最も安泰なチームだと踏んでいるんです」(球界関係者)

 20歳になったことで車の運転が解禁。800万円の黒塗りのベンツを購入し、乗り回しているという。「(炭谷に)追いつけ追い越せで頑張ります」と話したが、果たして本気かどうか。

 髪の毛の色を変えるより、炭谷の目の色を変えさせることを首脳陣は望んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る