希望額届かず渋顔のハム中田 実は球団に“圧勝”の舞台裏

公開日: 更新日:

「自分の希望額とは違いましたけど、インセンティブ(出来高払い)が良かったので」

 日本ハムの主砲・中田翔(26)が4日、札幌市内の球団事務所で契約更改。4500万円増の2億4500万円プラス出来高でサインした。

 今季は全試合に出場して自己最多の102打点、30本塁打をマーク。3億円の攻防が予想されながら、いざ、フタを開けてみれば上がり幅は1億円どころかその半分にも満たない金額だった。会見に臨んだ表情も、仏頂面に見えたが、「インセンティブは本塁打、打点、タイトルなどについていて、今季並みの成績を残せば年俸と合わせて軽く3億円をクリアするらしい。ひょっとしたら複数年契約を結んだ可能性もある。年俸を抑えられたどころか、中田の全面勝利ですよ」と、OBがこう続ける。

「球団はドラフトと育成がモットーですが、中田に代わるようなパワーヒッターは二軍にもいないのが現状ですからね。昨年はドラフトで智弁学園の岡本和真(現巨人)、今年は初芝橋本の黒瀬健太(ドラフト5位でソフトバンク入り)、智弁学園の広岡大志(ドラフト2位でヤクルト入り)を狙いながら獲得できなかった。最低でもあと3年は、中田に4番を任せなければならないのです」

 茶髪にジャラジャラのネックレス、ガムをクチャクチャやりながらのプレーに拒否反応を示すファンは多いとはいえ、それでも球団は当分、中田を厚遇し続け、気分良く働いてもらうしかないというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る