格下アジアンツアーで苦戦…タイにも抜かれた日本の惨状

公開日: 更新日:

【タイランド選手権】

 アジアンツアーの今大会には、日本ツアーから5選手が出場している。大会2日目が終わって片山晋呉(42)はトップと10打差の通算3アンダー28位。宮里優作(35)は通算2アンダー38位、小平智(26)と川村昌弘(22)はイーブンパー58位と、予選は通過したが、そろって苦戦を強いられている。

 アジアンツアーは日本ツアーより、格下扱いされている。それは日本ツアーの世界ランク(WR)対象の優勝ポイントが最低「16」であるのに対し、アジアンツアーは「14」であることからもわかる。先週、ベトナムで開催されたホートラムオープンで勝ったS・ガルシア(スペイン・WR12位)の優勝ポイントも「14」だった。

 今回、片山がわざわざタイまで出かけたのも、トップ3に入ってポイントを獲得し、年内にWR50位以内資格で来年のマスターズの出場キップを手に入れるためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る