ゴルフ場で増える「カート事故」 新車買えず整備不良も

公開日:  更新日:

 先月、栃木県鹿沼市の南摩城CC西Cで、乗用カートが道からおよそ6メートル下に転落し、運転していた男性(69)が病院に運ばれ、死亡した。

 全国のゴルフ場ではセルフプレースタイルが増えて、プレーヤーが乗用カートを運転してゴルフを楽しむ形態が一般的になってきた。同時にカート事故も増えている。

 ゴルフ専門誌を発行する「一季出版」(東京)によると、乗用カートを配備する全国のゴルフ場628カ所にアンケート調査したところ、過去に事故が起きていないゴルフ場は約25%しかなかった。つまり、多くのコースで何らかのトラブルが起きているのがわかる。

 キャディー付きプレーならホール間の危険箇所もよく知っているので、注意して運転してくれる。しかし、セルフプレーの場合、初めてのコースではカート道もよくわからない。さらに、一般道と違って注意力も散漫になりがち、運転しながらスコアカードを記入しているアマチュアもいるから、よそ見運転で事故を起こしやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る