• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3試合水増しして日程発表急いだ国内男子ツアーの“綱渡り”

 来季のゴルフ男子ツアーは、試合数が国内25、海外3の計28試合になる。今季は国内24、海外1のため、3試合も増える。

 男子大会は1983年の年間46試合をピークに減少を続け、07年には24試合まで落ち込んだ。人気選手不在でスポンサーが見つからず、ずっと減少傾向に歯止めがかからなかった。昨年は海外との共同主管競技3試合を“水増し”して計28試合とした。だが、7月のインドネシア、8月のマレーシアの大会が現地の政治的情勢で中止。結局、海外はタイ開催だけで当初の見込み通り28試合を開催できなかった。

 広告代理店関係者が言う。

「毎年のように試合が減るとイメージが悪い。他のスポンサーにも逃げられる可能性があります。だから海外の試合をカウントして全体の試合数を増やしたのです。今年中止になった海外2試合もウヤムヤのままで、開催に向けて努力した形跡はありません。関係者の間では本当に試合ができる状態だったのか、わからないと言われています。昨年ツアーから一度撤退したスポンサーが復帰するという情報もありましたが、それも立ち消えになった。さらにスポンサーの経営不振から、来季スケジュールに組み込まれた大会の開催が、すでに危ぶまれているケースもある。正式発表は15日ですが、いまだ流動的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る