3試合水増しして日程発表急いだ国内男子ツアーの“綱渡り”

公開日: 更新日:

 来季のゴルフ男子ツアーは、試合数が国内25、海外3の計28試合になる。今季は国内24、海外1のため、3試合も増える。

 男子大会は1983年の年間46試合をピークに減少を続け、07年には24試合まで落ち込んだ。人気選手不在でスポンサーが見つからず、ずっと減少傾向に歯止めがかからなかった。昨年は海外との共同主管競技3試合を“水増し”して計28試合とした。だが、7月のインドネシア、8月のマレーシアの大会が現地の政治的情勢で中止。結局、海外はタイ開催だけで当初の見込み通り28試合を開催できなかった。

 広告代理店関係者が言う。

「毎年のように試合が減るとイメージが悪い。他のスポンサーにも逃げられる可能性があります。だから海外の試合をカウントして全体の試合数を増やしたのです。今年中止になった海外2試合もウヤムヤのままで、開催に向けて努力した形跡はありません。関係者の間では本当に試合ができる状態だったのか、わからないと言われています。昨年ツアーから一度撤退したスポンサーが復帰するという情報もありましたが、それも立ち消えになった。さらにスポンサーの経営不振から、来季スケジュールに組み込まれた大会の開催が、すでに危ぶまれているケースもある。正式発表は15日ですが、いまだ流動的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る