3試合水増しして日程発表急いだ国内男子ツアーの“綱渡り”

公開日:  更新日:

 来季のゴルフ男子ツアーは、試合数が国内25、海外3の計28試合になる。今季は国内24、海外1のため、3試合も増える。

 男子大会は1983年の年間46試合をピークに減少を続け、07年には24試合まで落ち込んだ。人気選手不在でスポンサーが見つからず、ずっと減少傾向に歯止めがかからなかった。昨年は海外との共同主管競技3試合を“水増し”して計28試合とした。だが、7月のインドネシア、8月のマレーシアの大会が現地の政治的情勢で中止。結局、海外はタイ開催だけで当初の見込み通り28試合を開催できなかった。

 広告代理店関係者が言う。

「毎年のように試合が減るとイメージが悪い。他のスポンサーにも逃げられる可能性があります。だから海外の試合をカウントして全体の試合数を増やしたのです。今年中止になった海外2試合もウヤムヤのままで、開催に向けて努力した形跡はありません。関係者の間では本当に試合ができる状態だったのか、わからないと言われています。昨年ツアーから一度撤退したスポンサーが復帰するという情報もありましたが、それも立ち消えになった。さらにスポンサーの経営不振から、来季スケジュールに組み込まれた大会の開催が、すでに危ぶまれているケースもある。正式発表は15日ですが、いまだ流動的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る