3試合水増しして日程発表急いだ国内男子ツアーの“綱渡り”

公開日:  更新日:

 来季のゴルフ男子ツアーは、試合数が国内25、海外3の計28試合になる。今季は国内24、海外1のため、3試合も増える。

 男子大会は1983年の年間46試合をピークに減少を続け、07年には24試合まで落ち込んだ。人気選手不在でスポンサーが見つからず、ずっと減少傾向に歯止めがかからなかった。昨年は海外との共同主管競技3試合を“水増し”して計28試合とした。だが、7月のインドネシア、8月のマレーシアの大会が現地の政治的情勢で中止。結局、海外はタイ開催だけで当初の見込み通り28試合を開催できなかった。

 広告代理店関係者が言う。

「毎年のように試合が減るとイメージが悪い。他のスポンサーにも逃げられる可能性があります。だから海外の試合をカウントして全体の試合数を増やしたのです。今年中止になった海外2試合もウヤムヤのままで、開催に向けて努力した形跡はありません。関係者の間では本当に試合ができる状態だったのか、わからないと言われています。昨年ツアーから一度撤退したスポンサーが復帰するという情報もありましたが、それも立ち消えになった。さらにスポンサーの経営不振から、来季スケジュールに組み込まれた大会の開催が、すでに危ぶまれているケースもある。正式発表は15日ですが、いまだ流動的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る