名古屋で最後の年俸更改? 中日・平田あっさり陥落のウラ

公開日:  更新日:

 20日、中日の平田良介(27)が2度目の契約更改に臨み、前回提示と同じ2300万円増の7000万円でサインした。

 前回交渉時は昨年に続いて保留。「同じ金額ならサインをしない」と強気だったが、今回は「金額は変わらないのはわかっていた。査定方法など、改善して欲しいことをお願いしました」と、チームの環境改善を訴えた。

 怒気を鎮めあっさり陥落したのは、すでに来季を見据えているからかもしれない。

 平田は順調にいけば来季中に国内FA権(8年)を取得する。交渉ではFAに関連した複数年契約の提示はなかったそうで、単年契約となったことから、チーム内では「来オフ、FA権を行使して他球団に出て行くつもりかもしれない」と懸念する声が出始めている。

「平田に限らず、球団のやり方に不満を募らせ、チャンスがあれば他球団に移りたいと考えている選手が少なくない。チームは3年連続Bクラスに低迷しているとはいえ、落合GMが主導する契約は渋チンで選手の入れ替えもドラスチック。大島は昨年の契約更改で2度も保留して、揉めに揉めた。今オフは左腕の高橋聡が阪神にFA移籍し、外野の藤井も一度は行使を検討した。落合GMが13年オフに就任してから、井端、中田賢が他球団に流出し、和田に山本昌、谷繁と多くの選手がユニホームを脱いだからね」(中日OB)

 給料は上がらず、選手がどんどんいなくなる一方で、今オフの目立った補強といえば、新助っ人のビシエドを年俸1億7000万円で獲得したくらい。前出のOBは「来年も苦戦は必至」とみている。

 平田が名古屋で年俸更改を行うのは今年で最後か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る