日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名古屋で最後の年俸更改? 中日・平田あっさり陥落のウラ

 20日、中日の平田良介(27)が2度目の契約更改に臨み、前回提示と同じ2300万円増の7000万円でサインした。

 前回交渉時は昨年に続いて保留。「同じ金額ならサインをしない」と強気だったが、今回は「金額は変わらないのはわかっていた。査定方法など、改善して欲しいことをお願いしました」と、チームの環境改善を訴えた。

 怒気を鎮めあっさり陥落したのは、すでに来季を見据えているからかもしれない。

 平田は順調にいけば来季中に国内FA権(8年)を取得する。交渉ではFAに関連した複数年契約の提示はなかったそうで、単年契約となったことから、チーム内では「来オフ、FA権を行使して他球団に出て行くつもりかもしれない」と懸念する声が出始めている。

「平田に限らず、球団のやり方に不満を募らせ、チャンスがあれば他球団に移りたいと考えている選手が少なくない。チームは3年連続Bクラスに低迷しているとはいえ、落合GMが主導する契約は渋チンで選手の入れ替えもドラスチック。大島は昨年の契約更改で2度も保留して、揉めに揉めた。今オフは左腕の高橋聡が阪神にFA移籍し、外野の藤井も一度は行使を検討した。落合GMが13年オフに就任してから、井端、中田賢が他球団に流出し、和田に山本昌、谷繁と多くの選手がユニホームを脱いだからね」(中日OB)

 給料は上がらず、選手がどんどんいなくなる一方で、今オフの目立った補強といえば、新助っ人のビシエドを年俸1億7000万円で獲得したくらい。前出のOBは「来年も苦戦は必至」とみている。

 平田が名古屋で年俸更改を行うのは今年で最後か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事