コーチ人事で対立激化…中日「落合vs.谷繁」は泥沼化の様相

公開日:  更新日:

「落合GMも思い切ったことをやったもんだ」

 古株の中日OBが苦笑いするのは、13日に発表された来季のコーチ人事だ。

「前二軍監督だった佐伯は、一軍打撃コーチになると聞いていたんだが、フタをあけてみたら、ただの守備コーチ。そんな名前のコーチはプロではめったに聞かない。これまで二軍でやってきた打撃指導の権限はゼロになるし、他に内野、外野、捕手とそれぞれの守備コーチがいる。昨年、一軍で野手コーチだった早川がノッカー専門だったから、おそらく佐伯もノッカーをやるんだろうね」

 佐伯コーチの処遇をめぐっては、そもそも落合GMが指導力に疑問符をつけてクビにしようとしていたが、盟友の谷繁監督がこれにストップをかけたといわれている。前出のOBが言う。

「落合GMは佐伯を事実上、飼い殺しにするつもりなんじゃないか。7人のベンチ入りコーチに入れないだろう。スコアラー登録すればベンチ入りは可能とはいえ、こればかりは落合GMの裁量次第。別に佐伯じゃなくても、本職のスコアラーがやってもいいわけだからね。佐伯の処遇に限らず、谷繁監督はやりづらいだろう。自らが招聘した波留コーチは二軍降格。打撃部門の新任である加藤秀司、嶋村一輝両コーチとは面識すらないそうだ。当の谷繁監督はあまり気にするそぶりを見せていないようだが、思い切って采配を振れるのか心配だよ」

 これまで囁かれてきた落合GMと谷繁監督の確執はいつになったら終息を迎えるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る