中日の内紛白熱 「谷繁監督vs落合GM」は法廷闘争に発展も

公開日:  更新日:

「(谷繁監督の)契約書を調べている。俺が知っているのと違うんだよ」

 先日のオーナー会議で中日の白井オーナー(87)が語った言葉が波紋を呼んでいる。中日OBが言う。

「白井オーナーが弁護士を入れて、2年目の谷繁監督(44)の契約書の内容を精査しているというのです。4年契約といわれる契約内容が2年ごとで改定できるのか、ということがポイントになっているのでしょうが、それも落合GMの入れ知恵ともっぱらだ。3年連続Bクラスの責任は誰かが取らざるを得ない中で、谷繁監督就任後、昨年は4位で今季は5位以下が決定的。落合GMが監督に責任を取らせて、今季限りでの監督交代を検討しているという話が漏れ伝わってくるくらいだからね」

 弁護士うんぬんとは穏やかではないが、落合GMの思い通りにコトが進む可能性は低い。すでに親会社、球団内で四面楚歌になっているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る