球団への不満あらわ…FA濃厚の中日・藤井が人気急上昇

公開日:  更新日:

 中日の外野手、藤井淳志(34)のFA移籍が確実になった。

「家族と相談して近いうちに決めます」

 30日にこう話した藤井は前日、球団への不信感を吐露。いまだに残留要請はおろか、話し合いの場すら設けられていない現状を明かし、「10年間過ごした球団から何も言われていない。悲しい。(これから)話し合いがあったとしても誠意(がある)とは思えない」と不満をあらわにした。

 怒りの矛先は、交渉の窓口となっている落合GM(61)に向けられたものともっぱらである。

 藤井は落合監督時代の09年に114試合に出場して打率.299、10本塁打、49打点と活躍してレギュラーをつかみかけた。だが、翌年から63試合、20試合と出場機会が激減。ケガもあったが、ポカが多いと落合監督に見限られたからだ。GMになっても厳しい目は変わらず、13年に108試合で打率.303、6本塁打、19打点の数字を残しながら、オフの契約交渉では100万円しか上げてもらえなかった。

 落合GMからの低評価とは対照的に、身体能力の高い藤井の走・攻・守は他球団に評価されていた。今季年俸3000万円でFA選手として補償のいらないCランクというのも魅力。すでに阪神など複数球団が獲得に興味を示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る