アストロズが着々補強 今度はキューバの技巧派右腕獲得

公開日: 更新日:

 今季10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたアストロズが積極的な補強を進めている。

 地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)ら複数の米メディアが伝えたところによれば、キューバ出身のカルロス・シエラ投手と合意に達した。詳細な契約内容は明らかになっていないものの、アストロズは21歳の右腕を当面は、マイナーで育成するという。

 現在は祖父の母国であるスペインのクラブチームでプレーするシエラは、かつてキューバ国内リーグで3年間プレー。16歳以下、18歳以下のナショナルチームにも選ばれた。

 剛腕タイプが多いキューバ人投手の中、シエラは制球力とキレで抑えるタイプ。オーバースローとサイドスロー、アンダースローを投げ分け、スライダー、カーブ、サークルチェンジと3種類の変化球を武器にしている。

 今オフのアストロズはキューバ人右腕以外にも、去る12日には今季15セーブを挙げたフィリーズの守護神ケン・ジャイルズ(25)を獲得するなど、2年連続プレーオフ進出に向けて着々と補強を進めている。若手から中堅まで戦力が充実するアストロズはダルのレンジャーズにとって厄介な存在になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る