アストロズが着々補強 今度はキューバの技巧派右腕獲得

公開日: 更新日:

 今季10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたアストロズが積極的な補強を進めている。

 地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)ら複数の米メディアが伝えたところによれば、キューバ出身のカルロス・シエラ投手と合意に達した。詳細な契約内容は明らかになっていないものの、アストロズは21歳の右腕を当面は、マイナーで育成するという。

 現在は祖父の母国であるスペインのクラブチームでプレーするシエラは、かつてキューバ国内リーグで3年間プレー。16歳以下、18歳以下のナショナルチームにも選ばれた。

 剛腕タイプが多いキューバ人投手の中、シエラは制球力とキレで抑えるタイプ。オーバースローとサイドスロー、アンダースローを投げ分け、スライダー、カーブ、サークルチェンジと3種類の変化球を武器にしている。

 今オフのアストロズはキューバ人右腕以外にも、去る12日には今季15セーブを挙げたフィリーズの守護神ケン・ジャイルズ(25)を獲得するなど、2年連続プレーオフ進出に向けて着々と補強を進めている。若手から中堅まで戦力が充実するアストロズはダルのレンジャーズにとって厄介な存在になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る