またも低予算球団 アストロズがマエケン獲得合戦に名乗り

公開日: 更新日:

 今季、10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたアストロズが、広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す前田健太(27)の入札に参加するという。

 アストロズはサイ・ヤング賞左腕のダラス・カイクル(27=20勝8敗)ら安定した投手陣がチームを牽引し、地区シリーズまで勝ち上がった。来季、05年以来チーム史上2度目のワールドシリーズ進出を目指す同球団はカイクルと並ぶエース級を確保するため、前田に白羽の矢を立てたとみられる。

 テキサス州ヒューストンが本拠地のアストロズは、かねて日本人選手の調査を行っており、これまでもダルビッシュ有(レンジャーズ)、田中将大(ヤンキース)の獲得に動いた。

 今季からアストロズでベンチコーチを務める元日本ハム監督のトレイ・ヒルマンは11月に来日した際、本紙にこう明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る