またも低予算球団 アストロズがマエケン獲得合戦に名乗り

公開日: 更新日:

 今季、10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたアストロズが、広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す前田健太(27)の入札に参加するという。

 アストロズはサイ・ヤング賞左腕のダラス・カイクル(27=20勝8敗)ら安定した投手陣がチームを牽引し、地区シリーズまで勝ち上がった。来季、05年以来チーム史上2度目のワールドシリーズ進出を目指す同球団はカイクルと並ぶエース級を確保するため、前田に白羽の矢を立てたとみられる。

 テキサス州ヒューストンが本拠地のアストロズは、かねて日本人選手の調査を行っており、これまでもダルビッシュ有(レンジャーズ)、田中将大(ヤンキース)の獲得に動いた。

 今季からアストロズでベンチコーチを務める元日本ハム監督のトレイ・ヒルマンは11月に来日した際、本紙にこう明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る