日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

またも低予算球団 アストロズがマエケン獲得合戦に名乗り

 今季、10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたアストロズが、広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す前田健太(27)の入札に参加するという。

 アストロズはサイ・ヤング賞左腕のダラス・カイクル(27=20勝8敗)ら安定した投手陣がチームを牽引し、地区シリーズまで勝ち上がった。来季、05年以来チーム史上2度目のワールドシリーズ進出を目指す同球団はカイクルと並ぶエース級を確保するため、前田に白羽の矢を立てたとみられる。

 テキサス州ヒューストンが本拠地のアストロズは、かねて日本人選手の調査を行っており、これまでもダルビッシュ有(レンジャーズ)、田中将大(ヤンキース)の獲得に動いた。

 今季からアストロズでベンチコーチを務める元日本ハム監督のトレイ・ヒルマンは11月に来日した際、本紙にこう明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事