日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズ青木を悩ますア・リーグ西地区の“死球禍”

 来季は2年ぶりにア・リーグでプレーするマリナーズ・青木宣親(33)が再び、死球に悩まされそうだ。

 マリナーズが所属するア・リーグ西地区の総死球294個は東地区(277個)、中地区(249個)と比べてダントツ。エンゼルス(71個)、マリナーズ(70個)、レンジャーズ(63個)とリーグワースト3位までを西地区の球団が占めている(アスレチックス47個、アストロズ43個)。

 さらに各球団ともエース級がぶつけており、今季7勝をマークしたレンジャーズ・マルティネスはリーグワーストの13個。昨季最多勝(18勝)のエンゼルス・ウィーバーは同3位の12個、今季19勝のアストロズ・マクヒューも9個を記録した。同地区のライバル同士だけに、エース級が先頭に立ってぶつければ、報復死球によって、その数は雪だるま式に膨れ上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事