マリナーズ青木を悩ますア・リーグ西地区の“死球禍”

公開日:  更新日:

 来季は2年ぶりにア・リーグでプレーするマリナーズ・青木宣親(33)が再び、死球に悩まされそうだ。

 マリナーズが所属するア・リーグ西地区の総死球294個は東地区(277個)、中地区(249個)と比べてダントツ。エンゼルス(71個)、マリナーズ(70個)、レンジャーズ(63個)とリーグワースト3位までを西地区の球団が占めている(アスレチックス47個、アストロズ43個)。

 さらに各球団ともエース級がぶつけており、今季7勝をマークしたレンジャーズ・マルティネスはリーグワーストの13個。昨季最多勝(18勝)のエンゼルス・ウィーバーは同3位の12個、今季19勝のアストロズ・マクヒューも9個を記録した。同地区のライバル同士だけに、エース級が先頭に立ってぶつければ、報復死球によって、その数は雪だるま式に膨れ上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る