打撃コーチも警戒 絶好調ヤクルト山田を待ち受ける“死球禍”

公開日:  更新日:

 まだまだ止まらない。

 ヤクルトの山田哲人(23)が30日の広島戦で1安打1打点1盗塁。これで打率.334、24本塁打、80得点、20盗塁、出塁率.418と5部門でトップに立ち、打点もリーグ3位の62、安打も同2位の123。三冠王どころか、前人未到の七冠も狙える位置につけている。

 セ・リーグのみならず、球界屈指の強打者となっただけに、ライバル球団は山田対策に時間を費やし、研究に研究を重ねている。そうなると歴代の強打者たちと同様、厳しい内角攻めと戦わざるを得ない。当然、死球のリスクは高くなる。

 歴代最多死球の清原和博(196個=西武、巨人など)を筆頭に、現役ではロッテの井口(142個=4位)巨人の村田(138個=5位)、阿部(130個=8位)と長距離打者が並ぶ。山田は現在、5死球。5月と6月にはそれぞれ頭部に死球を受けた。優勝争いも佳境を迎え、さらに攻めは厳しくなってくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る