• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃コーチも警戒 絶好調ヤクルト山田を待ち受ける“死球禍”

 まだまだ止まらない。

 ヤクルトの山田哲人(23)が30日の広島戦で1安打1打点1盗塁。これで打率.334、24本塁打、80得点、20盗塁、出塁率.418と5部門でトップに立ち、打点もリーグ3位の62、安打も同2位の123。三冠王どころか、前人未到の七冠も狙える位置につけている。

 セ・リーグのみならず、球界屈指の強打者となっただけに、ライバル球団は山田対策に時間を費やし、研究に研究を重ねている。そうなると歴代の強打者たちと同様、厳しい内角攻めと戦わざるを得ない。当然、死球のリスクは高くなる。

 歴代最多死球の清原和博(196個=西武、巨人など)を筆頭に、現役ではロッテの井口(142個=4位)巨人の村田(138個=5位)、阿部(130個=8位)と長距離打者が並ぶ。山田は現在、5死球。5月と6月にはそれぞれ頭部に死球を受けた。優勝争いも佳境を迎え、さらに攻めは厳しくなってくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る