日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元中日チェン 「6年113億円」でイチローいるマーリンズに

 オリオールズからFAになっていた元中日の台湾人左腕チェン・ウェイン(30)が12日(日本時間13日)、マーリンズと合意したことが明らかになった。イチロー(42)の同僚になったわけだ。

 MLB公式サイトなど複数の米メディアによれば5年8000万ドル(約94億円)で、2年目のシーズン終了時にはチェンに契約を破棄できる権利がある。6年目の21年は球団に契約選択権があり、総額は6年で9600万ドル(約113億円)に達する大型契約だ。投手としてはマーリンズ史上最高額になるという。

 今季でメジャー5年目を迎えるチェンは昨季までのオリオールズでの4年間で117試合に先発し46勝32敗、防御率3.72。14年にはチームトップの16勝(6敗)をマークして地区優勝に貢献した。昨季終了後にはオリオールズからのクオリファイング・オファーを蹴ってFAになっていた。今オフのFA市場ではドジャース入りしたカズミアと並ぶ左腕の目玉として注目を集め、米メディアの報道ではマーリンズ以外にもヤンキース、ロイヤルズといった複数の球団が獲得に動いていたとされる。

 チェンはマーリンズで13年の新人王でエース右腕のホセ・フェルナンデスに次ぐ先発2番手で起用される見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事