専門家が太鼓判! MF井手口が五輪最終予選決勝Tの切り札

公開日: 更新日:

■イランの怖さはどこに?

 相手のイランは五輪出場経験なしだが、現代表にはA代表の主力選手もおり、かなり厄介な相手である。現地のスポーツライターのレザ・ジャリルザデ氏が言う。

「イランは、個々の選手が能力を発揮すれば、1次リーグ全勝で突破できる力があります。しかしながら3試合とも連係不足、ミスが目立ち、地元のメディアは、日本戦は『死ぬか生きるかの大一番』という見出しを掲げ、3戦目の中国戦を引き合いに出し、『3-2で勝ったけどデキは最悪だった。あんな試合をやっているようではサムライには勝てない』と報じています。注目選手は身長190センチDFのチェシュミ(22)。主将としてチームを牽引する。中国戦でFKでロングシュートを決めたMFトラビ(21)は、185センチの大型ウインガー。15年10月にテヘランで行われたイラン―日本代表戦でゴールを決めている。1次リーグで計3ゴールのFWモタハリ(22)はDFの裏を突くのがうまく、スピード、突破力、決定力ともに素晴らしい。この3人が実力をフルに発揮すれば、日本相手に勝機は十二分にあります」

 ギリギリのせめぎ合いが続くのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  4. 4

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る