すでにクラブ所有、新事業も続々 本田圭に実業家転身情報

公開日: 更新日:

 アスリートにとって現役引退というのは「いつか、必ず」やってくるもの。不世出のストライカー・釜本邦茂氏(メキシコ五輪得点王)は「歩いている時に机の角に太ももが当たった。フィジカルの衰えに気付き、その瞬間、日本代表から退くことを決めた」と話していた(77年9月に33歳で代表から引退。現役引退は84年1月=39歳)。

 ところが、29歳と老け込む年でもなく、現役バリバリの日本代表で「王様」を自任する男が近い将来、代表から退いて実業家に転身――の仰天情報が飛び込んできた。

 イタリア・セリエAの名門ミランで背番号10を背負い、10年南アW杯から日本代表のエースとしてプレーしている本田圭佑のことである。

「本田は、アジア全域でサッカースクールを経営することを計画し、実際にプランは着々と進んでいる。昨年11月17日、日本代表はカンボジアで18年ロシアW杯アジア2次予選を戦った。試合はオウンゴールと本田の強烈ヘッドで2─0と完勝した。試合後の本田は珍しく上機嫌だった。ゴールを決めて試合に勝っただけでなく、ビジネスが軌道に乗り始めていることもあり、つい笑顔がこぼれたのでしょう」と、マスコミ関係者がさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る