日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北朝鮮に辛勝のU23日本 南野と久保の低調FWに苦言相次ぐ

 23歳以下の日本代表が、リオ五輪のアジア最終予選1次リーグB組初戦で北朝鮮五輪代表と対戦(日本時間13日午後10時30分キックオフ)。前半5分、右CKをDF植田(鹿島)が右足インサイドでボレーシュート。これがズドンと決まり、先制点を守り切った日本が勝ち点3をゲットした。

 しかし、内容的には日本の戦いぶりは今ひとつだった。中でも欧州組のFW南野(ザルツブルク=オーストリア)、FW久保(ヤングボーイズ=スイス)の2人は「チームにフィットしていなかった。チーム全体としてはパスで崩すのか、ドリブルで突破するのか、意思統一が図れていなかった」(メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏)。  

 五輪代表は、96年アトランタから12年ロンドンまで5大会連続で本大会出場を決めているが、現五輪代表には、常に「歴代最弱」というレッテルがつきまとっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事