専門家が太鼓判! MF井手口が五輪最終予選決勝Tの切り札

公開日:  更新日:

 リオ五輪アジア最終予選1次リーグB組で首位通過を決めている日本。1次リーグ3戦目のサウジアラビア戦は、2戦目のタイ戦から先発を10人ごっそり入れ替え、これまで出番のなかったGK杉本(22=徳島)、MF井手口(19=G大阪)、右SB松原(22=新潟)、DF三竿(19=鹿島)の4選手が先発出場した。

 開始直後から流れを引き寄せたのは日本。前半31分にMF大島がミドル弾を決め、後半8分には井手口が追加点を奪って2―1で逃げ切った。

 強豪イランとの準々決勝は、22日午後10時30分開始。“大一番で頼りになる選手”は、サウジ戦が初登場だった4選手の中にいたのか? サッカージャーナリストの六川亨氏がこう言う。

「15年Jリーグでも存在感を示した井手口に期待したい。イラン戦もそうだが、決勝トーナメントからは、今まで以上にフィジカルが強くてタフな選手が求められる。井手口は当たりに強く、ボールを奪う能力も高い。奪ってからは、たださばくだけではなく、敵陣に侵入していってフィニッシュにも絡める。確実に計算のできる選手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る