日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北朝鮮と戦うサッカー五輪代表に届いた“不吉”な応援ビデオ

 カタールの首都ドーハで行われるリオ五輪最終予選。日本五輪代表は13日午後4時半(日本時間午後10時半)に1次リーグB組初戦・北朝鮮戦に臨む。試合前日の12日は午後3時(同午後9時)から報道陣公開で練習。約1時間、ボール回し、ミニゲーム、セットプレーの確認作業、紅白戦などで汗を流した。

「主力にケガ人もいないし、ムードは悪くないとはいえ、ひとつだけ不安点がある」とは現地取材中のライターだ。

「現地9日夜のミーティングで北京五輪出場のMF本田、FW岡崎、DF長友、FW香川、ロンドン五輪に出場したDF酒井高、北京五輪に加えてロンドン五輪にオーバーエージ枠で出場したDF吉田の現役日本代表組6人による応援ビデオが流され、選手たちは感激しきりだった。しかし、すぐに『何だか縁起が悪いよな……』という話になってしまった」

 実は、この6人の中で五輪の大舞台でゴールを決めた選手は、ロンドン大会での吉田だけ。本田も岡崎も長友も香川も酒井高も、本大会ではサッパリだったのだ。

 厳しい戦いが待ち構えている五輪代表。諸先輩の決定力不足が感染しないことを祈るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事