山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

【西武】粘りの野球に多大な不安

公開日: 更新日:
3年目のメヒアは体を絞ってキャンプイン(C)日刊ゲンダイ

 大きな補強もなく、「個々の底上げを目指す」と田辺監督は言ったが、ソフトバンクとの戦力差はいかんともしがたい。いい投手が先発した時に諦めないで、ワンチャンスをものにするためにどうするのか。黄金時代のように、キャンプの時から各自が考えながらプレーしなければ、競り合いに持ち込んでも勝…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る