田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

なでしこの苦境を招いたサッカー協会の責任は重大

公開日: 更新日:
唯一のゴールを決めたFW岩渕だったが…(C)日刊ゲンダイ

 なでしこジャパンが苦境にあえいでいる。

 リオ五輪アジア最終予選は黒星スタート。2日の韓国戦は1-1ドローで勝ち点1止まり。リオ行きに黄色信号である。

 苦戦の原因はハッキリしている。新鮮味の薄れた指揮官、代わり映えし…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  10. 10

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

もっと見る