阪神・藤川は先発転向で緩急巧み カーブにOB投手も太鼓判

公開日: 更新日:

 4年ぶりの甲子園で復活をアピールした。

 6日、阪神藤川球児(35)が巨人戦に先発し、4回3安打1失点の好投。ストレートの球速は主に140キロ台前半。抑えを務めていた頃の球速、球威には及ばないが、110キロ台のカーブを織り交ぜるなど、緩急を使った新たなスタイルを披露し、対戦した巨人の村田は「球速は落ちたけど、スピンがきいていた」と印象を語った。

 すでに開幕ローテ入りが内定している藤川は、「いろいろ駆け引きをしながら楽しめた」と話せば、金本監督も「真っすぐにキレがあって一安心」と評価していた。

 メジャー挑戦した13年からの3年間は、「トミー・ジョン手術」を行うなど、29試合で1勝1敗2セーブ、防御率5.74と不振に終わった。ただ、実質的にストレートとフォークだけで打者をねじ伏せていた日本での抑え時代とは違い、カーブ、ツーシームなどを織り交ぜる投球スタイルに変化した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る