日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本監督が期待…阪神ドラ1高山の開幕スタメンは決まりか

 すでに「当確」のランプはともっている。

 昨秋就任した金本新監督は、「(野手は)鳥谷、福留、ゴメス以外はレギュラーが決まっていない」と言った。キャンプでは、実績のない若手らに手取り足取りの密着指導。オープン戦でチャンスを与え、結果を残した者にポジションを与えるわけだが、新布陣を決めるのは、開幕(25日)の10日前ごろになりそうだ。

 そんな中、開幕スタメンが決定しているといわれる4人目の野手がいる。ドラフト1位の新人外野手・高山俊(22・明大)だ。

 昨秋ドラフトで、金本監督自ら当たりくじを引きあてた高山は、大学時に通算131安打のリーグ記録を達成した「神宮の安打製造機」。昨年10月に右手有鉤骨骨折の手術を受けたためキャンプは二軍スタートだったが、一軍に昇格させた直後の練習試合・日本ハム戦では、7番・指名打者で起用。九回の最終打席に投手強襲安打を放つと、「フォーム的に完成形に近い。後はゲームでどう慣れていくか。予想以上」と褒めちぎった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事